<メープル/ MAPLE>
分類:カエデ科/落葉広葉樹 散孔材
産地:カナダ・北米東部

淡い赤褐色で絹糸状の光沢があり、時に鳥眼杢※1やシュガーマーク※2が現れます。
重硬で加工はやや難しいが、衝撃にも強く、割れにくいため、ボーリングのレーンや
ピンの素材としてよく知られています。
カナダの国旗にデザインやメープルシロップとしても馴染み深い木です。

経年変化としては、使い込むほどに黄色みが増していく変化が見られます。

※1:小鳥の目のような小さな円形の斑点。
※2:樹液の糖分が節状や点状に現れたもので、メープル材特有。
   木目とは関係なく現れます。
 

 
 
 
 
<オーク/ OAK>
分類:ブナ科コナラ属/落葉広葉樹
産地:北米大陸一帯

辺材は白色ないし淡褐色で幅は狭く、心材は淡褐色ないし濃褐色。
強くて耐久性に富んでいるので、ウィスキー樽用としても有名です。
真っすぐに伸びた木目が美しく、虎斑※1が現れることや節が入ることも特徴です。
経年変化としては、使い込むほどに深みのある色合いに変化し、濃くなっていきます。

※1:幹が土壌中のミネラル分を吸収した際にできる、スジ状の杢目。
  主にオーク材に見られる斑紋。虎の毛のように見えることから虎斑と呼ぶ。
 

 
 
 
<ウォールナット/ WALNUT>
分類:クルミ科/落葉広葉樹
産地:北米東南部

辺材は乳白色から灰紫色、心材は紫色を帯びた薄褐色から濃褐色。
不規則な濃淡の縞や縮み杢※1・入皮※2などが現れ、節や白太※3が入ることが特徴です。
世界三大銘木として数えられ、材質としては重硬で衝撃に強く加工はしやすい。
特に表面の仕上りは美しい。
家具以外には、楽器や銃床用材としても賞用されている。

落ち着いた色合いと重厚感のある木目が特徴で、独特の風合いとあたたかみを持っています。
使い込むほどに、橙色みが増し、優しい印象になっていきます。

※1:木目が波状に縮んだ模様。
※2:成長の過程で傷を受け、その部分の細胞活動が止まり、樹皮が巻込むように
  成長して節状や色変わりが起こったもの。
※3:同一材の中で、色の濃淡が現れること。天然木ならではの自然のコントラストです。


 
 
 
<チェリー/ CHERRY>
分類:バラ科サクラ属/広葉樹 散孔材
産地:北米東北部・中部大西洋沿岸

淡い赤褐色〜濃い赤褐色。
木肌のきめ細かさと暖かい肌触り、なんといってもその美しい色合いが魅力です。
磨けば磨くほど艶が増し、美しい光沢が出てきます。
材面に黒い斑点や節状の模様(ガムポケット※1)や白太※2が現れるのが特徴的です。
時間の経過ともに飴色に変色し、価値が増していきます。


※1:樹液が溜まり濃色に変化したもの。樹脂痕とも呼ばれます。
※2:
同一材の中で、色の濃淡が現れること。天然木ならではの自然のコントラストです。



 
 
 
<ウェンジ/ WENGE>
分類:マメ科/広葉樹
産地:ザイール・カメルーン・ガボン・コンゴ

心材は黒紫褐色で淡色の細かい縞がさざ波のように入り、独特の美しさあります。
辺材部分は白色。通直な木目を持ち肌目がやや粗いのが特徴です。
装飾的な価値が高く、材質としては重硬で強度が高いため加工が難しいですが、
仕上がりは極めて美しいです。



 
 
 
<チーク/ TEAK>
分類:クマツヅラ科/落葉広葉樹
産地:ミャンマー

辺材は黄白色、心材は金褐色で、光沢と匂気を持つ。材面にロウ状の感触があるります。
重硬で独特の油分を持つため加工が難しいですが、耐久・耐水性、抗菌、防虫性に優れており、世界の最高級材のひとつです。
現在は自然保護のため伐採禁止になっている所が多く、輸入が大変厳しいのが現状です。

古くから高級材として、高級列車として知られるオリエント急行や20世紀を代表する豪華客船クイーンエリザベス2号の内装、タイタニック 号の甲板などに用いられました。
現在でも、ヨットやクルーザーの高級内装材に使われています。
使い込むほどに、色合いの深みが増していきます。また、木目の色の濃い部分は薄くなり、薄い部分は濃くなっていくので、優しい印象になります。


 
 
 
<パドゥーク/ PADOUK>
分類:マメ科/広葉樹 環孔性散孔材
産地:ナイジェリア・カメルーン・ザイール

材は染めたように鮮やかな橙赤色で、時間の経過ともに赤紫色を帯び濃色に変化します。
やや重硬だが加工はしやすく、磨くと光沢が出て、仕上がりも美しい。
見慣れない木材と思われますが、木琴やギターなどの楽器で用いられることが多いです。

同属の樹種に、東南アジア産のカリンがありますが、パドゥークほど赤味が強くありません。



 
 
 
<アルダー/ ALDER>
分類:カバノキ科/広葉樹
産地:米国西海岸

木肌がとても美しい材料で、淡い紅褐色。
伐採時にはほとんど白色だが、空気に触れるとじきに淡紅褐色や淡黄褐色に変わる。
板目の濃い部分はチェリー材にも似ていますが、チェリー材のような経年変化による濃色への変化は見られません。
広葉樹の中では比較的柔らかい材のため、肌触りも柔らかく温かみのあるとても優しい
感じが特徴です。



 
 
 
パイン/ PINE
分類:マツ科/針葉樹
産地:カナダ ブリティッシュコロンビア州・カリフォルニア州 太平洋沿岸
   ロッキー山脈


黄白色〜淡黄褐色の材面は、辺材・心材の色の差が少ない。
板目面を見ると、はっきりとしたディンプルグレイン※1があることや、節が多いことが特徴。
一般的にはやや軽軟で加工性は良いが、反面衝撃には弱い。
経年変化としては、飴色への変化がみられる。

※1:小さい笑くぼのような模様。


 
Hiromatsu Furniture Inc.  |  online shop
〒831-0024 福岡県大川市鬼古賀174-1
tel 0944-87-5911  /  fax 0944-87-5794
受付時間:月曜〜金曜(9:00〜18:00 祝日を除く)
Copyright © Hiromatsu Furniture Inc.